ユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券を予約して、座席指定する方法

ユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券を予約

効率よくマイルを貯めたい方におすすのクレジットカードは、Mileage Plusセゾンカードです。ポイントではなくマイルがそのまま貯まるので交換する手間がかかりません。あれこれ考えることなく、効率よく、実質無期限で貯めることができるクレジットカードです。

ライオン
とりあえずマイルは貯めたいけど、いろいろ手間をかけるのはめんどくさい。あまりクレジットカードを使用しないので、有効期限が心配。そんな方におすすめのクレジットカードです。
Mileage Plusセゾンカード

Mileage Plusセゾンカード

選べる国際ブランド:アメックス、Master、VISA
提携会社:ユナイテッド航空

ユナイテッド航空HP

年会費:1,500円(税抜)
マイル:通常は年会費が1,500円(税抜)で1,000円につき5マイル
これだとあまり良いカードとは言えませんが、プラス追加年会費を5,000円(税抜き)を支払い、マイルアップメンバースになれば、1,000円につき15マイル貯められる超高還元率なカードです。

付帯保険:最高3,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯

私はメインでデルタアメックスカードを使用しているので、サブでMileage Plusセゾンカードを保有しています。私が陸マイラーになった時にはじめて所持したクレジットカードです。国内旅行の航空券はこのカードで貯めたユナイテッド航空のマイルで、ANAの航空券を予約しています。

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスに加盟しているので、ANAのマイルを貯めていなくてもANAの航空券を予約することができます。

ANAのマイルは有効期限が3年なのに対し、ユナイテッド航空のマイルはマイルの加算がある度に期限が延長されるので、実質無期限で貯めることができます。

ユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券の予約には、羽田空港から那覇空港まで片道8,000マイル、往復16,000マイル必要です。ANAで貯めたマイルで東京〜沖縄間の特典航空券に交換した場合、シーズンにより必要マイル数が違ってきます。

ローシーズン 7,000マイル(往復で14,000マイル )
レギュラーシーズン 9,000マイル (往復で18,000マイル )
ハイシーズン 10,500マイル(往復で21,000マイル )

ローシーズンで行ける方はANAのマイルを使用してANAの航空券に交換した方が少ないマイルで行くことができますが、レギュラーシーズン、ハイシーズンだとユナイテッド航空のマイルからの方がお得です。

ANAと違いユナイテッド航空はシーズンによる変動がありません。

 

その他の交換できる航空券の特典チャートはこちらから

 

特典航空券の座席指定方法

ユナイテッド航空のホームページから特典航空券の予約をした場合、座席は自動的に振り分けられます。ユナイテッド航空のホームページからは座席変更はできません。
ANAのホームページ上でも予約を確認することはできますが、座席の変更はできません。座席を変更したい方はANAの予約番号を調べる必要があります。ユナイテッド航空とANAの予約番号は異なるため、まずはANAの予約番号をANAのHPで確認します。

ANA予約番号の確認はこちらから

 

注意することは、国内線なのにユナイテッド航空の特典航空券で発見した航空券はANAでは国際線扱いになることです。ANAの予約番号を検索する時は国際線のホームページから確認し、電話での座席変更の連絡も国際線デスクへ問い合わせて下さい。

座席指定の電話をする前にシートマップを確認することをおすすめします。希望の席が空いていない時にすぐに対応できます。

ANA シートマップ

ユナイテッド航空とANAのホームページを見ると、座席変更ができないと勘違いしそうですが、少し手間はかかりますが、変更することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です