ジョグジャカルタ・ボロブドゥールラウンジ inアジスチプト空港

バリ島から足を伸ばして、インドネシア・ジョグジャカルタのボロブドゥール遺跡を観光した時に利用したボロブドゥールラウンジを紹介します。日本人にも人気の高い遺跡で観光客も多く、その遺跡の名前が付いている国内線のラウンジです。

保安検査を終えてゲート前の待合室の人の多さにびっくりしました。私が利用した時間帯が夕方なので、観光を終えて帰る人でほぼ満席でした。狭い場所に無理やり押し込まれているような感じでとても騒がしい待合室でした。

ボロブドゥールラウンジ概要

ラウンジの場所

ボロブドゥールラウンジは保安検査が終わりゲート前の待合室の一番奥にありました。保安検査後はワンフロアーしかありません。搭乗ゲートが窓側にあり、壁側にはお土産屋さんや本屋さん、ファーストフード店が並んでいます。

入室条件

保安検査後にはボロブドゥールラウンジしかないので、選択肢はありません。

銀行カードやプライオリティパス、スカイチームの上級会員からキャッシュでの利用も可能です。Rp90,000は日本円で約700円なので、日本人にとっては一回の食事代ぐらいではないでしょうか。

営業時間

4:00〜20:30

ラウンジ内の様子

受付から右と左に分かれていて、両方に食べ物や飲み物が置いてありました。
受付の左側の部屋には大きい窓があり、飛行機が見えて開放感がありました。

航空会社のラウンジではなくカードラウンジのような雰囲気です。使用後の食器などがなかなか片付けられないので、次に使う人は避けて使用していました。どこにも使用した食器を戻す場所がないので、利用したテーブルに置いておくしかありませんでした。掃除する人がいないのであまり綺麗なラウンジではありませんでした。残念。

食事やドリンク類

インドネシアの料理がたくさんあり、とても充実していました。アルコール類はありませんが、オレンジジュースや瓶に入った甘い紅茶、インドネシア式のコーヒーなどが置いてありました。アルコールが置いていないのは宗教に関係しているのかな?と思いました。

私のおすすめは瓶に入ったフルーツティーです。甘くてとても美味しかったです。

デザートはカラフルなパウンドケーキや緑色と茶色のものはういろうのようなお菓子です。カラフルなパウンドケーキはカラフルなのにインスタ映えはしませんが、味は普通に美味しかった。

トイレに喫煙室

受付の右側のお部屋の奥には喫煙室とトイレがありました。喫煙室は扉でしっかり仕切られているので、煙も気になりませんでした。

ラウンジ検索に便利なアプリ

スカイチームの航空会社を利用する時にダウンロドーしておくととても便利なアプリです。ラウンジ検索や空港で利用できるスカイプライオリティーのサービスを検索することができます。空港のコードを入れるだけで、ラウンジの場所や利用条件、利用できるサービスが表示されるのとても便利です。

SkyTeam Mobile
SkyTeam Mobile
開発元:SkyTeam Airline Alliance
無料
posted withアプリーチ

利用可能なラウンジ検索「Lounge Buddy」

ラウンジを利用できる条件は航空会社の上級会員やクレジットカード、プライオリティパスなどたくさんありすぎて自分がどのラウンジを利用できるのか探すの大変ではないですか?「Lounge Buddy」は自分が保有しているクレジットカードや上級会員の資格、搭乗するフライトを登録しておけば、使えるラウンジをリストアップしてくれる便利なアプリです。

LoungeBuddy Lounge Access
LoungeBuddy Lounge Access
開発元:LoungeBuddy Inc
無料
posted withアプリーチ

まとめ

航空会社のラウンジというよりは、クレジットカードラウンジのような雰囲気でした。
ただ待合室はかなり狭く混雑しているので、飛行機が遅延した時や搭乗までの時間がある時はお金を支払っても利用して良いかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です