池袋にある国際空港!?ファーストクラスに搭乗してVRで海外旅行体験

こんにちはSatonoです。突然ですが、ファーストクラスに搭乗してみたい思ったことはありませんか?いつかファーストクラスに搭乗するために陸マイラー活動やポイ活を始めましたが、すぐにファーストクラスに搭乗するのはなかなか難しい。実際にファーストクラスで東京からニューヨーク間を往復すると時期や航空会社によって金額は違いますが、200万以上費用がかかります。国内線は数万円で搭乗することができますが、ファーストクラスのサービスと言えば、国際線のイメージが強い人が多いかと思います。車1台購入できてしまう金額を十何時間の交通費の為に支払える人はなかなかいないと思うので、一般人には手が届きません。一度でいいから乗ってみたいと思ったことはありませんか?

その夢を「5,980円」で体験できてしまう池袋にある国際空港!?「FIRST AIRLINES」を紹介します。

池袋のビルにある国際空港・「FIRST AIRLINES」

「FIRST AIRLINES」について

「FIRST AIRLINES」は池袋駅西口から徒歩6分です。ビルの8階にありました。
普通のビルの入り口から国際空港の中へ入ります。池袋の国際空港?えっ?って思う方がほとんどだと思います。もちろん本当に飛行機に乗るわけではなく、実際に利用されていたファーストクラスの座席を使用して、ファーストクラスのシートや食事を体験できる施設です。

私が体験したフライトはハワイ行きです。ハワイを選んだのは、日本人にとって海外旅行と言えば一番最初に思いつく海外旅行先でもあるし、私が一番最初に海外旅行に行った時に選んだ場所もハワイだからです。

その他の就航都市
・フランス ・イタリア ・ニューヨーク ・フィンランド ・タイムトラベルオリジナルコース予約の日時によって就航都市が違うので、行ってみたい国や食べてみたいお料理で選ぶと良いかと思います。

体験レポート

エレベーターを降りて中へ入るとフライトインフォメーションがありました。本物の空港に置いてあるものと同じで動いています。空港には必ず置いてあるので、細かいところまで再現されていました。

入ったらさっそく搭乗手続き。予約した名前を伝えると、名前が入ったパスポートと航空券が貰えました。パスポートは本物より薄いですが、ちゃんと記念にスタンプも押してくれます。スタンプを1つ集めると、次回ドリンクのお代わりができるようになり、3つ集めるとグッツが貰えます。航空会社のマイレージプログラムみたいだなと思いました。

機体について

Airbus310 340の実際のファーストクラスで利用されていた座席に座ることができます。

一人一台モニターはありませんが、一番前に大きいモニターがありました。
設備は少し古いですが、フットレストとリクライニングのボタンがあり自動で操作できました。今のファーストクラスの座席だとボックスの形になっているものを想像しますが、ファーストエアラインのシートは大きいイスでボタン操作で座席はフルフラットになりました。
余裕のある座席配置なので足を伸ばしても前の座席には届きません。スリッパも準備されているので、実際の飛行機に搭乗している時のように、履き替えてくつろぐことができました。利用方法などは丁寧に説明してもらえました。

ドリンク

ドリンクは有料のドリンクと無料のドリンクがありました。

1杯無料のドリンク
お酒類
・生ビール(ザ・プレミアムモルツ<香るエール>)
・赤ワイン(カルロ ロッシ)
・白ワイン(カルロ ロッシ)
・日本酒(極上 宮の雪 本醸造<三重>)
・焼酎(黒霧島<ロック・水割り>)
・カシスオレンジソフトドリンク
・サントリーオールフリー
・サントリー ザ・プレミアムソーダ
・コカコーラ
・ウィルキンソンジンジャエール(辛口)
・オレンジジュース
・グレープフルーツジュース
・りんごジュース
・ペリエその他
・オリジナルコーヒー
・緑茶
・紅茶※食後のデザートにはコーヒーか紅茶が付きます。有料のドリンク
※一部を紹介
お酒類
・バドワイザー(アメリカ)
・クローネンブルク(フランス)
・モレッティ(イタリア)
・宮の雪
・一刻者
・黒霧島(ロック・水割り)
・ザマッカラン12年(ロック・水割り・ソーダ割り)
・ロミオ&ジュリエット赤
・ロミオ&ジュリエット白
・ジントニック
・モスコミュールソフトドリンクは無料のドリンクと同じ物でした。

本物のファイーストクラスのようにどれでも無料で飲み放題ではありませんが、無料のドリンクにアルコールも入っていてびっくりしました。有料のドリンクには就航都市に合わせてその国のドリンクを頼むのも良いかもしれません。本物の飛行機に搭乗している時と同じようにワゴンサービスで提供してくれます。

離陸

機内アナウンスが流れました。接客は元ファーストクラスのクルーによるサービス監修によって訓練された、キャビンアテンダントを目指す候補生だそうです。綺麗な人ばかりで、少しぎこちない所もありましたが、丁寧な接客でした。

離陸準備が終わると機内の照明も薄暗くなり、シートベルト着用のサインやフライトの時間の案内から救命胴衣を使った説明など、状況に合わせてシートも振動するので、本当にこれから本物の飛行機に乗るのかなと錯覚してしまいそうです。アナウンスは日本語だけでなく英語でも流れました。

ファーストクラスの食事

実際に飛行機に乗るときも一番楽しみなのは食事!
「FIRST AIRLINES」でも就航都市に合わせたフルコースの機内食を味わうことができます。エコノミー席とは違い、一品ずつ運ばれてきます。

ドリンクはワゴンサービスで運ばれてくるので、細かいところまで再現されています。

・サーモンとイクラの親子ポケ

・ココナッツカレースープ

・ガーリックシュリンプ

・ハウピア、マンゴーソース

コーヒーか紅茶が無料で付いてきました。

 

お食事はどれも本当に美味しかったです。初めてハワイのデザートの「ハウピア」を食べました。ココナッツミルクからできたハワイの伝統的なデザートでゼリーに似ていますが、食感は少しサクサクしている感じでした。

VRを使った旅行体験

ビルの中にある国際空港からの離陸なので窓はありませんが、VRによる就航都市に合わせたプログラムが準備されています。
一人一人VRのゴーグルをもらい着用すると、いよいよVR体験のはじまりです。

覗き込んだ世界は360度どこを見てもハワイの美しい景色が広がっていました。頭を回転させると当たり前ですが、景色が変わり、本当に観光に来ているような感覚になりました。乗り物に酔いやすい方は少し気持ち悪くなってしまうかもしれません。VR体験が終わった後は、タブレットが配られました。VR体験は頭を左右上下に回して楽しみますが、タブレットは指を使って見たい方向をタップして楽しみます。

室内?機内?にはプロジェクションマッピングでいろいろな景色が映し出され、それもとても雰囲気があり、海外旅行気分が存分に味わえました。ちゃんと窓からの景色も少しずつ変わっていきます。綺麗な夕焼けや星空など本当にいろいろと楽しませてもらいました。

着陸

最後には離陸と同じようにアナウンスが流れ、シートベルト着用のサインが点灯し、無事に着陸しました。

今回私が体験したのはファーストクラスですが、4,980円でビジネスクラスも用意されています。完全予約制でキャンセル不可(予約の日時変更は7日前まで可)です。ビジネスクラスとファーストクラスでは本物の飛行機のように座席が少し違います。
体験するまで「5,980円」のファーストクラスはどこまで再現されているのか、どんな感じなのか少し不安もありましたが、実際に行ってみると面白いコンセプトだなと思いました。

ファーストクラスの座席は少し古いですが、VR体験に美味しい食事が楽しめて行ってみて良かったなと思いました。普段とは違った食事にエンターテイメント付きの思い出に残る体験ができました。

※ビジネスクラス「4,980」ファーストクラス「5,980」はキャンペーン価格で、実際の価格は予約時にHPで確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です