茨城県のアンテナショップ!リニューアルオープン「IBARAKI sense」in 銀座

銀座にある茨城県のアンテナショップ IBARAKI sense

東京銀座にある茨城県のアンテナショップが2018年10月25日にリニューアルオープンしました。JR有楽町駅から徒歩3分の場所にあり、厳選された茨城県の特産品の販売やレストランとCafeが併設され、リニューアル前と比べると高級感のあるアンテナショップになりました。
魅力度ランキングで最下位が続く茨城県ですが、隠れた魅力がたくさんあります。最近は最下位をネタにしながらPRしているのにそれでも最下位!そんな茨城県が私は大好きです。

東京にいながら茨城県の美味しいものが見つけられる「IBARAKI sense」を紹介します!

アクセス

JR山手線の有楽町駅から徒歩5分、銀座1丁目の好立地にあります。沖縄県や高知県などのアンテナショップが周辺にはたくさんあります。

外観

リニューアルオープン後は金色に光っています!

以前はどこにでもあるようなアンテナショップだったんですが、リニューアル後は良い意味で茨城県っぽくないお洒落なお店になりました。中もがらっと変わり、レストランやカフェ、特産品を販売しているお店も、以前より高級感が増しました。以前はなかったお店の外から購入できるテイクアウト窓口ができたので、より気軽に茨城の味を購入しやすくなったかなと思います。

Wi-Fiサービス

無料Wi-Fiあり。
パスワードは「SENSE SHOP」のレジのあたりに掲示されています。

茨城県の特産品を使ったデザートが食べられる「BARA cafe」

茨城県はメロンの生産量日本一って知っていましたか?茨城県は納豆のイメージが強いですが、メロンの大産地でもあります。生産量日本一の茨城県産のメロンを使ったパフェや茨城県産のりんごのアップルパイに、茨城県で一番有名なSAZA COFFEEのコーヒーが飲めるCafeが「IBARAKI sense」の中に併設されています。テイクアウト専用と店内での飲食ではメニューが違いました。

営業時間

BARA cafe
OPEN:10:30 CLOSE:20:00

テイクアウト専用窓口

「IBARAKI sense」入り口の左側に「BARA cafe」はあります。外からテイクアウトでの購入も可能で、写真の左側の黒い所がテイクアウト専用の窓口です。アイスクリームやSAZA COFFEEのコーヒーのテイクアウトができるようになりました。「BARA cafe」の店内を利用したい場合はテイクアウト専用の黒い窓口の横のドアから入るか、アンテナショップからも直接行けるようになっています。

メニュー

季節や時期によってメニューが違うところも最高です。季節によって旬のデザートが楽しめます!
期間限定のいちごメニュー

茨城産アールスメロンのパフェ ¥1,600

茨城産のアールスメロンに茨城産のミルクソフトと生クリームが入っているパフェです。メロンの果肉がゴロゴロ入っていて、大きいメロンが2つ刺さっています。茨城産のミルクソフトが濃厚で茨城産の食材が楽しめる贅沢なメニューです。容器がプラスチックなので、メロンの重みでパフェが倒れそうになりました。

茨城産りんご農園のアップルバイ ¥550

まるごとリンゴが入っているかと思うほど、大きいリンゴがごろごろ入っているアップルパイ。甘さ控えめの生クリームが添えられていています。

サザアメリカーノ ¥420

茨城県で一番有名なSAZA COFFEEのコーヒーが置いてあります。甘いスイーツにぴったり。

その他メニュー
  • 茨城産「笠間」マロンソフト ¥550
  • 茨城産「笠間」マロンとカシスのパフェ ¥1,600
  • 茨城産「笠間」マロンソフト〜キャラメルソース&チョコクランチ〜 ¥700
  • 茨城産ミルクソフト〜チョコソース&フランボワーズソース〜 ¥600
  • 茨城産ミルクソフト〜茨城の花の蜜がけ〜 ¥650
  • 茨城産ミルクソフト ¥500

茨城県の食材にこだわったお料理を提供している「BARA dining」

ランチとディナーでメニューが違い、ランチは比較的リーズナブルに茨城産の食材を楽しむことができます。ランチは約1,200円から要予約の4,000円のコースまで幅広く、メニューも和食、洋食、パスタなどのメニューが揃っています。

ディナーは4,000円弱から10,000円超えのコースまであり、こちらも和食や洋食など茨城県産の食材を贅沢に使用したお料理が揃っています。

ドリンクはもちろん茨城県産の日本酒などが置いてあります。

店舗の奥にレストランがあり、場所が少しわかりずらいかもしれません。ショップのレジの奥に入り口がありました。レストランは予約ができるので、ランチやディナータイムに利用したい方は、ぜひご予約を!

レストラン内

茨城県産材の稲田石を使用した壁を利用して、「袋田の滝」のプロジェクッションマッピングが楽しめます。

営業時間・予約

BARA dining
OPEN:11:00 CLOSE:23:00 日・祝日は21:00
レストラン予約専用 03-6263-2002

メニュー

ランチとディナーでメニューが違い、比較的ランチは安い値段設定です。季節によりメニューが変わるようで、茨城県の特産品を使った豪華なメニューがたくさんあり、どれもとても美味しそうです。

Lunch

 

View this post on Instagram

 

IBARAKI sense -イバラキセンス-さん(@ibaraki_sense)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

にょろさん(@nyo6_)がシェアした投稿

Dinner

 

View this post on Instagram

 

IBARAKI sense -イバラキセンス-さん(@ibaraki_sense)がシェアした投稿

茨城県の特産品が購入できる「SENSE SHOP」

魅了度ランキング最下位が続いている茨城県ですが、美味しいものがたくさんあります。茨城県は農業産出額が北海道に次ぐ第2位です。魅力度ランキング1位の北海道が農業産出額1位なんだから、茨城県も第2位に・・・・・とはなかなかいきませんが、本当に美味しいものがたくさんあります。野菜では蓮根やちんげん菜、果物ではメロンや栗、漁業量ではサバ、ビールの製成数量などが日本一です。

できれば茨城県まで足を運んで欲しいですが、難しい方は東京の銀座でぜひ茨城の味を!

茨城県について情報収拾

茨城県の観光や特産品の情報収拾にもおすすめです。茨城県の観光情報がたくさん掲載されているフリーペーパーや、パンフレットも置いてあります。

茨女(IBAJYO)は茨城県出身の女性を応援するフリーマガジンです。

フリーマガジンですが、中身はかなり濃い内容になっていて、茨城県で活躍する女性や茨城県出身の女性について書かれています。見つけたら是非手にとってみて下さい!

まとめ

お洒落なお店にリニューアルした「IBARAKI sense」

生まれも育ちも茨城県の私が行っても、新しい発見があり楽しめました。

私が嬉しいと思ったサービスはFree Wi-fi。パスワードなどはショップのレジのあたりに書いてありました。それから綺麗に掃除されているトイレ。やっぱりトイレが汚いと思い出も汚れます。

茨城県に住んでいる方が茨城の魅力を再発見できる場所でもあるし、茨城県をあまり知らない方は、知る窓口になれる場所でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です