食の海外旅行!日立市内で食べられるおすすめの外国料理店 in 茨城県日立市

こんにちはSatonoです。海外に行っていろんな料理を食べてみたい!あれもこれも食べてみたいけど、実際に海外へ行くには費用がかかってしまいなかなか行けません。そんな時は近くのレストランやカフェで外国の料理を提供するお店に行くのが一番手軽でおすすめです。

今回は茨城県日立市にある私のオススメの「食」で海外旅行に行った気分を味わえるお店を紹介します。

食の海外旅行

タイ料理<KHUNCHANG クンシャーンタイレストラン>

日本からタイのバンコクへ行くには飛行機で6時間から7時間前後かかります。
私のオススメのタイ料理<KHUNCHANG クンシャーンタイレストラン>JR常陸多賀駅から歩いて5分の場所にあります。

目印は赤い像の絵です。お店の隣は鹿島神社があります。残念ながら駐車場はありませんが、JR常陸多賀駅周辺にはコインパーキングもあるし駅からもとても近いのでとても行きやすい場所にあります。

タイから来たご夫婦2人で営業されていて、アルバイト募集中だそうです。土曜日のお昼12時過ぎに行ってみた時は満席でした。時間を少しずらして、2時過ぎに行くとやっとテーブルに空きができました。

テイクアウトもできますが、オススメはランチメニュー。ランチセットはサラダ・スープ・デザート・ハーブティーが付いてALL980円です。

千円以下!!

ランチメニューに付いているのはサラダ・スープ・デザートです。サラダは今までに食べたことのない、ドレッシングでどう表現していいのかわかりませんが、好き嫌いがはっきり分かれそうです。スープはレジ横に置いてあるので、おかわり自由でセルフサービスです。このスープがとても控えめな味付けですが、料理にとても良く合う。濃い味付けのお料理にはとてもぴったりです。

食後のデザートはココナッツミルクにタピオカとコーンが入ったデザートでした。

デザートはさらっとしていて、飲み物のような感じでした。タピオカにコーン?どんな味なんだろうと思いましたが、なんの違和感もなく、とても美味しかったです。

メインメニューかなり悩みました。どのメニューを選ぶか悩みに悩んで私は2種類、どちらも麺になってしまいました。

  • パットシーイウ(ライスヌードルの醤油炒め)写真上
  • パッタイ(やきそば)写真下

パッタイは甘くとても濃い味付けでしたが、初めて食べて、初めて聞いたパットシーイウは醤油やきそばって感じでした。どちらもとても美味しかったのですが、私のオススメはパットシーイウです。

ランチメニューに付いているハーブティーは2種類。とても色鮮やかな青い「バタフライピーティー」と綺麗なピンクの「ハイビスカスティー」です。どちらも体に良く女性にオススメのハーブティーです。一緒にガムシロップが置いてあるので、甘党な方はガムシロップを入れて飲むのがおすすめです。私はもちろん甘党なので、ガムシロップを入れて頂きました。こちらもレジ横に置いてあり、セルフサービスです。飲み放題なのでどちらも頂きました。

インド・ネパール料理<BRANCH ブランチレストラン>

インドとネパール料理といえばやっぱりカレー!最近ナンとカレーを提供するお店が増えていますが、私のオススメはBRANCH ブランチレストランです。こちらではいろいろな種類のカレーを本格的なナンとライスで頂けます。ネパールは日本からの直行便がなく、香港やシンガポールからの乗り換えが必要になるし、インドまでは飛行機や約10時間ほどかかります。

ブランチレストランはJR常陸多賀駅から歩いて6分ほど、お店の前に駐車場があり、お店の隣にはゲームセンターのピンクパンサーがあります。

お店がいろいろ並んでいますが、道路側の黄色い看板が目印。

中に入ると笑顔で店員さんが出迎えてくれます。

海外旅行に行った時に入るローカル食堂のような雰囲気です。綺麗な絵がたくさん飾られています。

日本でも馴染みのあるチキンカレーやキーマカレーから普段なかなか食べられないサグチキンカレーやマトンカレーなど約10種類のカレーが置いてあります。

カレーの辛さも5段階から選べるので、辛いのが好きな方も苦手な方も、自分の好きな辛さからカレーを選ぶことができます。私は辛いのが苦手なお子ちゃまなのでいつも一番辛くない「甘口」です。

本当に大きいナン。ナンもご飯もおかわり自由です。もちもちしていて、しっとりしているナンがカレーとの相性抜群です。ランチメニューはカレー1種類や2種類の選べるセットにサラダとドリンクが付いていて、どのメニューも¥1,000円以下です。

ドイツ料理・ドイツパン<Rosenburg ローゼンブルグ>

自家製酵母や日立市の湧き水、地元食材の良さを生かして作られた、ドイツパンや焼き菓子、ケーキなどが食べられるお店Rosenburg (ローゼンブルグ)。鎌倉市内にあるドイツパンの名店「ベルグフェルド」で修行したオーナーが日立市で2015年にオープンさせたパン屋さんです。粉はドイツ産の石臼挽きライ麦や北海道やカナダ産の小麦、10種類ほどを特徴を生かしてブレンドして使用しているそうです。日本からドイツへ行くには飛行機で約12時間どかかります。

住宅街にありJR大甕駅からは歩いて30分。茨城県民がろっこくと呼ぶ国道6号からは道路1本入ってすぐなので、車ではとても行きやすい場所にあります。目印はドイツ国旗。

お店の前に駐車場があります。

お店の名前ローゼンブルグは茨の城(いばらのしろ)という意味があるそうです。
お店の中にイートインスペースはありませんが、外に木のテーブルと椅子があるので、パンと一緒にレモンスカッシュを購入してさっそくパンを頂きました。レモンスカッシュ以外にコーヒーもメニューにありました。

ドイツ発祥のプレッツェルやハード系のパンの取り扱いが多い印象です。私はまだドイツへは一度も行ったことがないので、こちらでドイツに行ったつもりになってパンを頂きました。

クロワッサン記事にシナモンをまぶした甘いリンゴがゴロゴロ入っている「シナモンとりんご ¥240」が特にオススメです。アーモンドペーストをたっぷり練りこんだサクサクのパイ「ダッチ ¥200」や見た目がとても可愛い「にんじんケーキ ¥340」から普段よく食べている「クリームパン ¥150」などのメニューもありました。

こんなお店が家の近くにあったらいいのになー、朝食やランチにお菓子に毎日食べたいなと思いました。

イタリア料理<cucina NORD IBARAKI クチーナ ノルド いばらき>

茨城県日立市出身の神保シェフがプロデュースするイタリアンレストラン。茨城県産にこだわった食材を使ったイタリア料理が頂けるレストランです。日本からイタリアへは飛行機で13時間ほどかかります。

クチーナノルドはJR常陸多賀駅から歩いて16分の場所にあります。

お店の前と奥に広い駐車場がありました。お庭が綺麗に手入れされていて、お店の中からの眺めもとても素敵です。

こちらを利用する時のオススメは特別なデートや結婚記念日、誕生日などの特別な日にオススメです。なぜならcucina NORD IBARAKIは手軽に食べられるイタリアンではなく、ちょっと高級なイタリアンレストランだからです。

単品での注文ができますが、おすすめはコース料理です。単品での注文は割高になってしまうので、思いきってコース料理を注文した方がお得だと思います。聞いたことのない料理名がたくさんありましたが、シェフが丁寧に説明してくれました。

ディナーのコース料理は2種類。

  • 常陸野菜を中心に ¥3,300(税別)

メイン料理がなく野菜を中心にしたコース料理です。私にちょうど良い量なので、男性の方やたくさん食べたい方には少し物足りないかな?お酒を楽しみたい方はこちらのコース料理と追加で単品のオーダーでも良いのかなと思いました。

  • いばらきの魅力を食す ¥5,500(税別)

シェフオススメのコースです。普段なかなかこの価格帯のコース料理を食べることがないので、奮発して、誕生日ってこともあり注文しました。

色とりどりの茨城県産の野菜が色あざやかでとても美味しかったです。

本日のドルチェミストを【+¥300(税別)】で注文しました。どのデザートも美味しそうだったので、少しずついろいろな種類が食べられるドルチェミストは最高です。

どちらのコースにも食後にコーヒーまたは紅茶が付いていました。ランチタイムはディナーよりも値段設定が安く、いばらきを味わう¥3,200(税別)と平日限定で いばらきを感じる ¥1,890(税別)の2種類です。

  • いばらきを味わう¥3,200(税別)
  • いばらきを感じる ¥1,890(税別)

ディナーコースちょっとお高いな・・・と感じたらまずはランチコースがオススメです。私はあまりワインに詳しくありませんが、種類もたくさんあり、シェフに相談しながら好みや食事に合ったものを選んでくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です