安くて便利!シンガポールでのタクシーの乗り方やアプリを紹介 in シンガポール

こんにちはSatonoです。
物価の高いシンガポールですが、日本と比べてタクシーは格安で利用することができます。

海外でタクシーを利用する時、英語が苦手だと目的地を正確に伝えることができなかったり、ぼったくられるんじゃないかと心配になったり、料金がいくらぐらいなのか不安になることありませんか?

そんな不安を解消してくれるアプリがものすごく便利です。

使いこなすことができれば観光がしやすくなるので、旅行へ行く方にオススメのアプリやタクシーを利用するときの注意事項を紹介します。

シンガポールのタクシー事情

タクシーの種類

シンガポールにいろんな色のタクシーがあります。青、黄色、赤などカラフルな色をしたタクシーに乗っておけば問題ありません。なぜなら通常の料金よりもお値段が高いタクシーが存在します。
「Silver」と車体に書かれた銀色のタクシーや高級車のタクシーは普通のタクシーより高いので気をつけましょう。

タクシー乗り場でタクシーを待っている時に、高いタクシーが回ってきたら次の方に譲っても問題ありません。

基本料金や追加料金は?

まずはシンガポールの基本料金を紹介!

基本料金
  • 初乗り料金:SGD3.7 〜 SGD4.0 (日本円で約300円)
  • 400メートル毎にSGD0.22(約18円)加算
  • 10キロ以上の場合は350メートル毎にSGD0.22(約18円)加算
  • 待ち時間45秒毎にSGD0.22(約18円)加算

シンガポールのタクシー料金はタクシー会社によって違いますが、曜日や時間帯によっても追加料金が発生します。
混雑緩和のためにいろいろな追加料金が設定されています。

追加料金

メーター料金25%増
月曜日から金曜日 AM6:00〜AM9:30
月曜日から金曜日&祝日 PM6:00〜Midnight

メーター料金50%増
夜間 Midnight〜AM5:59

市街地(月曜日から日曜日&祝日)PM5:00〜Midnight SGD3(約240円)

EPRの追加料金 SGD1〜SGD2(約80円〜約160円)

※EPRとは混雑緩和のために市内に設置されている自動料金徴収ゲートです。時間帯や渋滞状況により追加料金が表示されています。

追加料金がいろいろ設定されていますが、追加料金が発生した場合でも日本に比べるとかなり安く利用可能です。

支払いは現金?クレジットカード?

タクシー乗り場でタクシーを捕まえた時は、現金しか支払いができないタクシーに何台か遭遇しました。乗車した時に確認されたりされなかったりなので、クレジットカードで支払いをしたい場合は、確認してから乗車しましょう。ComfortDelGroのアプリでタクシーを呼んだときは、クレジットカードが使えるタクシーしか来ませんでした。

チップは必要?

基本的にチップは必要ありません。ドアを開けてもらったり、キャリーケースをトランクに入れてもらったりしたら、気持ち上乗せして支払いました。

タクシーはどこで乗ればいい?

シンガポール市内のいろんなところにTaxiと書かれた場所があるので、こちらで乗車するとスムーズです。流しのタクシーを拾う場合は時間がかかるので、時間に余裕を持って行動した方が良いかと思います。

流しのタクシーを拾うときは、車体の上に取り付けられているランプを確認する必要があります。「ON  CALL」「HIRED」「BUSY」と書かれているときは乗車できません。

タクシー乗車時の注意点

シンガポールでは後部座席でも必ずシートベルトを着用しましょう。
シートベルトの着用が義務付けられていて、違反すると罰金を支払う必要があります。タクシーの運転手からは何も言われないので、乗車したら必ず安全の為にもシートベルトを着用しましょう。

おすすめのアプリComfortDelGroの使い方

アプリの使い方

シンガポールでタクシーを利用するなら必ずダウンロードしたいアプリがComfortDelGroです。

タクシー待ちで行列ができていてもすぐにタクシーを呼ぶことができるし、英語で行きたい場所を説明する必要もないのでオススメです。

ぼったくられる心配もありません。

ComfortDelGro Taxi Booking App
ComfortDelGro Taxi Booking App
開発元:ComfortDelGro Corporation Limited
無料
posted withアプリーチ

ComfortDelGroの使い方

まずはアプリをダウンロードしましょう!日本で使用している電話をそのまま使う方は、必ず日本でダウンロードして、登録する必要があります。

  • 携帯番号と名前を入力
  • 日本の国番号は「+81」
日本の国番号「+81」を選択し携帯番号を入力します。先頭の「0」を省いて入力して下さい。
例)携帯番号「090-1111-2222」の場合は「9011112222」
SMSでパスワードが送られてくるので入力します。シンガポールに到着してからだとSMSでパスワードを受信することができませんでした。
名前とメールアドレスを入力。
チェックマークをつけて登録完了。
日本語で翻訳してみました。
日本語訳
ComfortDelGro Taxisのプロモーションコード、新製品、サービス、アンケーを希望します。アカウントを作成することで、当社の利用規約とプライバシーポリシーに同意したことになります。
これで登録完了です。お疲れ様でした。

タクシーを呼んでみよう!

シンガポールで実際にタクシーを呼ぶ方法を紹介します。
まずはピックアップ場所を選択します。
地図が読めない私は最初は少し手こずりました。

現在地を指定しても微妙にずれていることがあるので、調整が必要です。

ピックアップ場所の入力が終わったら、次は目的地を入力します。

設定のポイント
ピックアップ場所や目的地を選ぶ時にオススメなのが、6桁の数字です。

英語で住所やホテル、観光地の名前を入力するのが大変な方におすすめです。
インターネットで検索すると、住所の後ろに6桁の数字が表示されています。

ちなみにマリーナベイサンズは「018965」です。数字を入力すると下に場所が表示されるので、選択します。

これで設定完了です。

※ピックアップ場所を間違えて入力すると、タクシードライバーから電話が来るので慎重に入力しましょう。

ピックアップ場所と目的地の入力が完了すると、料金が表示されます。定額料金かメーターかを選ぶことが可能です。

どちらか選択し「Book Now」をタップするとドライバーを探してもらえます。

数分でドライバーを見つけてもらうことができ、迎えに来てくれるタクシーの車のナンバーが表示されます。

あとはこのナンバーのタクシーが迎えに来るのをピックアップ場所で待つだけです。タクシーがどれぐらいで迎えに来てくれるのか、今どこらへんまで来ているのか地図上に表示してくれるのでとても便利です。

待つこと数分。表示されている時間よりも早くタクシーが迎えに来てくれます。

予約しているタクシーは車体の上の表示が「ON CALL」になっています。ナンバーを確認したら運転手に合図をして乗車します。

定額を選んだ場合はメーターには最初から値段が表示されています。それ以外にも名前が表示されていました。

ぼったくられることもなく、お金を気にする必要がないので、安心です。

※シンガポールの街中に設置されているEPRの下を通った時に、電光掲示板に金額が表示されていた場合は追加で支払いが必要です。1ドルから2ドル程度です。

※EPRとは混雑緩和のために市内に設置されている自動料金徴収ゲートです。時間帯や渋滞状況により追加料金が表示されています。

料金の支払いは?

アプリにクレジットカードを登録すると、支払いがスムーズですが、目的地に到着した時に現金で支払ったり、クレジットカードで支払うことも可能です。

領収書はメールで届く

領収書はメールで届きます。利用した日時や距離、料金を確認することが可能です。

GrabとTaxiどっちがいい?

車で目的地まで運んでくれる選択肢として、Taxi以外にGrabもあります。ComfortDelGroアプリと同様、自動配車サービスの一つです。

Grabがあまり聞きなれない方は「Uber」と同じです。「Uber」が東南アジアの事業を「Grab」に売却したため、「Uber」は利用できなくなりました。
「Grab」の方がTaxiよりも値段が安いので、正直どちらを利用するか迷いました。
私が値段や安い「Grab」を使わず、「Taxi」の配車アプリを利用した一番の理由は車体です。
Taxiと違ってGrabは普通の車が迎えにきます。
Taxiは誰が見てもすぐにTaxiだとわかるので、間違えて乗車することもありません。プロではない普通の人が普通の車で迎えにくることに抵抗があったので、ComfortDelGroを利用してタクシーをりようすることにしました。

Taxiでも日本よりはるかに安い料金で利用できるので、おすすめです!

オラウータンと朝ごはん!シンガポール動物園 ジャングルブレックファスト With ワイルドライフ in シンガポール

2019年5月22日

THE FULLERTON BAY HOTEL のランディングポイントで食べ放題!?のアフタヌーンティー in シンガポール

2019年5月17日

シンガポールのランドマーク・マリーナベイサンズに宿泊!オーキッドスイートのお部屋を紹介 in シンガポール

2019年5月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です