老舗和菓子店「ふる川製菓」の天然氷のかき氷 in 茨城県笠間市

笠間稲荷神社の近くにある老舗和菓子屋さん「ふる川製菓」にはカフェスペースがあり、天然氷のかき氷を提供しています。
かき氷専門店のように混雑していないので並ぶことなく本格的な天然氷のかき氷を食べることができます。

かき氷を提供しているお店としては、まだまだ知名度が低い穴場の「ふる川製菓」を紹介します。

老舗和菓子屋さんのかき氷「ふる川製菓」

ふる川製菓の場所は?

ふる川製菓があるのは、笠間市の観光名所、笠間稲荷神社から歩いて10分の場所です。笠間稲荷神社付近にはカフェや土産物店がたくさんありますが、そこからは少しだけ離れている住宅街に店舗があります。

歩いて10分ぐらいなので、車がなくても利用できる立地だと思います。

営業時間や定休日

お店自体は朝早くから営業していますが、カフェスペースの営業は13:00からスタートです。なぜか電話で問い合わせをした時に12:00からと案内されましたが、お店へ行ってみるとまだオープンしていませんでした。

詳細
住所:茨城県笠間市笠間309-2
営業時間:8:00〜18:00
※カフェスペースは13:00〜
定休日:月曜日 / 祝日の場合は翌火曜が休み
駐車場:あり
電話番号:0296-72-0571
SNS:HPInstagramTwitter

駐車場は?

専用の駐車場(約6台)がお店の前にあります。

老舗和菓子店「ふる川製菓」とは?

ふる川製菓は昭和32年創業の和菓子、洋菓子の専門店です。一番有名&私のおすすめは「ムース大福」です。

スポンジ生地の上に生クリームとフルーツがのっていて、まるでケーキのような大福です。

かき氷を食べに行ったらお土産にぜひ購入してみて下さい!一度食べたらまた食べたくなります。

和モダンな建物

老舗和菓子店「ふる川製菓」は、一軒家のような外観です。

入り口には「天然氷」としっかり書かれています。

のれんをくぐり中へ入ってみると、シンプルで洗練されたデザインがとても素敵でした。

ふる川製菓のカフェスペース

2015年9月に併設されたばかりのカフェスペースは、和モダンな雰囲気がとても素敵でした。窓も大きくとても開放的です。

ふる川製菓のカフェメニュー

かき氷以外のメニューもいろいろあります。煎茶やコーヒーから苺のスムージまで種類が豊富です。

ふる川製菓のかき氷メニュー

ふる川製菓のかき氷メニューは4種類。

  • 生苺ミルク
  • 宇治金時
  • ミルク金時
  • 黒蜜きなこ

八ヶ岳の天然氷を使用していて、どのメニューもエスプーマをトッピングすることができます。

  • 黒蜜きなこ

黒蜜に追いきなこ付きのかき氷。今まできなこのかき氷を食べたことがなかったので注文してみましたが、やはりきなこと黒蜜は最高の組み合わせです。黒蜜もたっぷりあるので、好きなだけかけられました。

  • 生苺ミルク(エスプーマ掛け)

生苺ミルク(エスプーマ掛け)は、今までこんなに白いかき氷を見たことないってぐらい真っ白。

笠間の苺を使った自家製苺ソースと練乳はお好みで調整することができました。こちらも自家製苺ソースがたっぷり。

生クリームに練乳なので、こちらは甘いもの好きな方にオススメです。

氷もふわふわでとても美味しかったです。

無料で頂いたほうじ茶。

かき氷を食べると寒くなってしまうので、一緒にドリップコーヒーを注文しました。

注文してからかき氷が運ばれてくるまで約5分。今まで食べた本格的なかき氷のお店で間違いなく一番早く運ばれてきたかき氷です。

混雑状況は?

日曜日のお昼過ぎにカフェを利用しましたが、誰も並んでいませんでした。昨今のかき氷ブーム、笠間稲荷神社のすぐ近くという好立地、かき氷のクオリティー高く、お店も和モダンでおしゃれ、混雑していてもおかしくないのになぜこんなに人がいないのか?と不思議に思うくらいカフェスペースを利用している人はいませんでした。和菓子や洋菓子を購入しているお客さんはたくさんいました。

私が思うにTwitterなどのSNSはしばらく更新していないし、あまりかき氷を宣伝していないからなのではないかなと思います。

ここは間違いなく穴場のかき氷屋さんです。

最後に・・・

笠間市は日本三大稲荷のひとつとされている笠間稲荷神社や笠間焼など、茨城県内でも観光地としても有名な場所です。そんな場所でクオリティーの高い天然氷のかき氷を並ぶことなく食べることができるなんて、今だけかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です