かき氷屋さんのフルーツサンド「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」in 茨城県ひたちなか市

一年中天然氷のかき氷を提供している「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」で寒い時期限定で販売している、フルーツサンドを食べに行ってきました。

夏に食べたかき氷のフルーツもとても美味しかったので、フルーツサンドも絶対美味しいだろうなと思い、寒くなるのをずっと待っていました。

暑い時期は販売していない、寒い時期限定の「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」のフルーツサンドを紹介します。

天然氷を使ったかき氷「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」in 茨城県ひたちなか市

2019年7月7日

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」のフルーツサンド

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」営業時間や定休日は?

営業時間は11:00〜17:00までですが、売り切れ次第営業終了です。毎週木曜日はフルーツサンドはお休みです。

営業時間・定休日
営業時間:11:00〜17:00
定休日:不定休

定休日は不定休ですが、毎週火曜日はお休みが多いようです。営業時間が変わることもあるので、ブログをチェックしてから行けば間違いなしです。

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」への行き方

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」はちょうど佐和駅と勝田駅の中間にあります!歩いていくにはちょっと遠いので、駐車場もあるので車が便利です。

駐車場はどこ?

お店の駐車スペースは6台しかないので、人数が多い時は、乗り合わせて行った方が良いと思います。

駐車場は店舗裏に3台、店舗横に2台、店舗前に1台の計6台です。
あっという間に満車になってしまいます。

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」お店の外観や内装は?

お店は昔「なんちゃら商店」だったのかな?と思われる、ちょっと時代を感じる建物です。

お店の中にはカウンターの席、テーブルの席以外にも座敷がありました。

赤ちゃんがいても利用しやすいお店です。

フルーツサンドのメニュー

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」は、お店に入ったらまずはカウンターで注文をしてお会計を済ませます。夏の暑い時期は、1時間、2時間待ちでしたが、この日は待ち時間ほぼなしでした。

この日のお目当は「フルーツサンド」

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」のフルーツサンドは、生クリームが甘すぎず、フルーツの甘みが際立つちょうど良いバランスのとれたフルーツサンドです。

私が行った日のフルーツサンドは3種類。

フルーツサンド
  • シャインマスカット、長野パープル
  • みかん、長野パープル、キュウイフルーツ
  • みかん、バナナ、キュイフルーツ

340円

  • みかん、長野パープル、キュウイフルーツ
  • みかん、バナナ、キュイフルーツ

380円

  • シャインマスカット、長野パープル

私のオススメはシャインマスカットと長野パープルが入ったフルーツサンドです。シャインマスカットも長野パープルも種無しで、皮ごと食べられました。

シャインマスカット
2006年に品種登録されたシャインマスカットは、「安芸津21号」と「白南」を交配させて作られた品種です。果粒が大きく楕円形で、濃厚な香りが特徴的な皮ごと食べられる白ぶどうです。
長野パープル
2004年に品種登録された長野パープルは、「巨峰」と「リザマート」を交配させて作られた品種です。甘み強く、ほど良い酸味、果汁たっぷりで、皮ごと食べられるぶどうです。名前の通り長野県内でしか栽培することができない品種です。

飲み物はコーヒーと紅茶のメニューがありました。

  • コーヒー
  • 紅茶

冷たいお茶と温かいほうじ茶はセルフサービスでした。

この時期しか食べられないかき氷

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」では天然氷のかき氷を1年中提供しています。この日はフルーツサンド目的でお邪魔しましたが、食べたくなってしまいかき氷を注文しました。

夏の暑い時期は、1時間、2時間待ちでしたが、寒くなってくるとほとんど待ち時間はありません。

かき氷のメニューもその時期の旬の果物や野菜を作って作られているので、いつ行っても新しいメニューが食べられるので、寒い時期でもかき氷オススメです。

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」のかき氷は氷が選べます。選べる氷は2種類。

Asuka
純氷と天然氷は何が違うの?
Satono
純氷は製氷工場で飲料水を使って作られた氷で、天然氷は湧き水を使い、自然の寒さだけでじっくりと時間をかけて作られた純度の高い氷のことです!

「氷屋cafe 旬果 〜syunka〜」で使用している天然氷は「蔵元八義」さんで作られたものだそうです。日本一の名水の里と言われている、湧き水を使用し、八ヶ岳の南麓で作られた天然氷です。

昔は全国に100軒近くあった氷屋さんも、今では5軒しか残っていないそうです。温暖化の影響などで年々生産が難しくなり、氷の希少価値が上がっているそうです。

お店の中には天然氷の切り出し風景などの写真が飾られていました。

10月といえばハロウィン!2種類ハロウィン限定メニューがありました。

  • 紫芋のミルク氷
  • かぼちゃの焦がしキャラメル氷

どちらを注文するか悩みましたが、今回は紫芋のミルク氷を注文しました。ハロウィンにぴったりの紫色は紫芋でした。

  • 紫芋のミルク氷

スプーンには目玉のチョコレートが!ハロウィンの旗付きです。

濃厚な紫芋のペーストと、程よい甘さの生クリームが美味しいかき氷です。食べ進めていくと、中には粒あんが隠れていました。

生クリームとあんこが美味しくないわけがない!

今まで夏の時期の食べ物だと思っていましたが、夏以外に食べるかき氷もやっぱり美味しい。秋や冬の果物や野菜のかき氷ってなかなか食べられないので、オススメです。

最後に・・・

天然氷を使ったかき氷屋さんのフルーツサンドは、果物が甘くて美味しい絶品のフルーツサンドでした。
フルーツサンドが販売している時期は、夏のように混雑していないので、待つことなくかき氷が食べられます。かき氷をお店で食べて、お土産にフルーツサンドを購入するのがオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です