オムツアートや寝相アートにオススメのマットやシーツ!便利なアイテムを紹介

「寝相アート」や「オムツアート」って聞いたことありますか?SNSやテレビで見て一度やってみたいなと思った方も多いはず。

赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまいます。赤ちゃんの成長を写真で残したい方にオススメなのが「寝相アート」「オムツアート」です。

SNSやテレビで紹介されているレベルの高い「寝相アート」や「オムツアート」を見ると、大変そう・・・難しそう・・・と思ってしまいますがそんなことありません。一度コツを掴めば誰にでも簡単にできてしまいます。

寝相アートやオムツアートのお手本にしたいアイディア集!

2020年5月2日

自宅にあるものを利用して撮影するのもありですが、どうせなら可愛い写真を撮影したい方にオススメなのが撮影用のマットやシーツ。可愛くデザインされたシーツやマットを使えば、簡単に撮影することができ、完成度もグッと高くなります。

「寝相アート」や「オムツアート」で使えるオススメのマット&シーツを紹介します。

寝相アートやオムツアートのマット?シーツ?

寝相アートとオムツアートの違いは?

寝相アート?オムツアート?何が違うのと思った方も多いはず!「寝相アート」は赤ちゃんが作品の一部になり、寝ている時に撮影します。アイディア次第でいろんな種類の寝相アートが撮影できますが、いろいろ小道具を準備する必要があります。

「オムツアート」に必要なのは赤ちゃんの代名詞「オムツ」だけ!オムツを使うので、赤ちゃんがおむつを使う時期しか撮影できません。いろいろ小道具を準備する必要がなく、赤ちゃんがいる家庭に必ずあるオムツだけあれば撮影することができるので、寝相アートよりも手軽です。

寝相アート?オムツアート ?どっちが良い?

寝相アートとオムツアートどっちが良いのか?どちらも挑戦してみた私のオススメは「オムツアート」です。寝相アートよりもオムツアートの方が準備するものも少なく、撮影時間も短く済みました。

私は「オムツアート」で成長記録をして、「寝相アート」はタイミングが合った時に撮影することにしました。

マットやシーツを選ぶ基準は?

赤ちゃんの成長を記録のために撮影する方が多いと思います。成長を分かりやすく写真に残したい方は、ずっと同じマットやシーツを利用して撮影するのがオススメです。マットにするかシーツにするか・・・自宅の間取りや、オムツアートにするか寝相アートにするか、予算に合わせて選びましょう。

撮影時期は?

生まれてから1歳ぐらいまでは特に成長が早いので、1ヶ月ごとに撮影するのがオススメです。

私のオススメのマット

寝相アートやオムツアートだけでなく、プレイマットとしても使えるのがマットタイプのものです。

シンプルなマット

自分でいろいろ飾り付けしたい方にオススメなのがシンプルなマット。アイディア次第でいろんな写真を撮影することができます。

個性的なマット

キャラクターものやデザインが個性的なマット。赤ちゃんを寝かせるだけですぐに撮影ができます。

私のオススメのシーツ

布団の上に敷くだけですぐに撮影でき、広いスペースがない方にオススメなのがシーツ。マットに比べてお値段もお手頃です。

デザインがおしゃれなシーツ

寝相アート ベビーシーツ 新生児 写真撮影 ベビー撮影用毛布 百日記念 写真立て 背景 小道具 ベビーマット| 赤ちゃん 子どもの成長の

成長記録にオススメ!マンスリーカード

寝相アートやオムツアートの撮影を成長記録として残す方にオススメなのがマンスリーカード

生まれた日から成長に合わせて記録するのにとても便利です。シンプルなものから個性的なものまでたくさんあるので、私のオススメを紹介します。

オススメのアルバム作成アプリ「ALBUS」

素敵な写真が撮影できたらプリントしてアルバムを作りたくなりませんか?
そんな方にオススメなのが毎月8枚無料で写真をプリントしてくれる「ALBUS(アルバス)」です。スマホ専用のアプリで簡単に注文できオススメです。

写真のサイズがましかくなので、Instagramみたいなアルバムが出来上がります。

「ALBUS」(アルバス)の評判は?毎月8枚無料!スマホアプリで簡単にアルバム作成

2020年5月10日

最後に・・・

寝相アートやオムツアートは赤ちゃんの成長を記録するのにとてもオススメです。毎日大変なお母さんの子育ての楽しみとして、赤ちゃんに負担をかけずに気長に撮影しましょう。

可愛いシーツやマットは出産祝いとしても喜ばれること間違いなしです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

寝相アートやオムツアートのお手本にしたいアイディア集!

2020年5月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です