天然温泉旅館「星のや東京」コロナ禍の今!ブログ宿泊記 in 東京

大手町のオフィス街にある天然温泉旅館「星のや東京」に宿泊しました。

星野リゾートが手がける最高級ブランド「星のや」の天然温泉旅館「星のや東京

コンセプトは「塔の日本旅館」

旅館と言えば平家でお庭のあるイメージですが、星のや東京はそのどちらも当てはまりません。地下2階、地上17階、各フロアにお部屋が6室だけの特別な旅館です。

東京・大手町にある「星のや東京」を紹介します。

高層ビルにある天然温泉旅館「星のや東京」

星のや東京アクセス方法・行き方

星のや東京があるのは都会のど真ん中!東京・大手町、東京駅から歩いて約10分のオフィス街にある旅館です。

住所 東京都千代田区大手町一丁目9番1
電話番号 03-6214-5151
SNS Instagram
HP 公式HP

星のや東京の駐車場

星のや東京へ行くときに自家用車やタクシーを利用する場合は「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」の駐車場を利用する必要があります。

30分以内の利用は無料なので、タクシーの乗り降りも可能です。宿泊の場合も有料で駐車場を利用することができます。

ナビ入力住所
東京都千代田区大手町1−9−2

タクシーのドライバーによっては「星のや東京」へ行ってくださいとお願いしても、全然違う場所で降ろされる可能性があります。「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」の駐車場と伝えるか、ナビ入力用の住所「東京都千代田区大手町1−9−2」を伝えた方が良いともいます。

私はあのビルですって指を指されて、大通りを渡って3分ぐらい歩く羽目になりました。

星のや東京予約方法

宿泊予約は公式サイトでの予約が一番お得でおすすめです。

楽天トラベルからも予約することができます。楽天キャッシュやポイントを使えば、公式サイトから予約するよりも持ち出しを少なく宿泊することも可能です。

星のや東京宿泊レビュー

星のや東京に2泊3日滞在しました。宿泊する目的にもよりますが、星のや東京でおこもり滞在して過ごすのにおすすめは2泊3日。星のや東京の中で開催されるイベントや催し物に参加したり、周辺でお買い物したりして過ごしました。

実際に宿泊してみた感想を正直にレビューします。

チェックインが夜になってしまったので、東京駅からタクシーを使って星のや東京へ向かいました。歩いても10分ぐらいです。

東京駅のライトアップがとても綺麗でした。

この黒い高層ビルが今回宿泊する星のや東京です。

車やタクシーで来た場合は、1階の玄関のある場所に直接行くことはできません。地下で繋がっている「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」の駐車場を利用する必要があります。

他にも地下1階の飲食店並ぶ商業施設にも入口がありました。

地下で繋がっている星のや東京周辺は、地方に住む私にとっては迷路のようでした。

星のや東京の入り口「玄関」

左側には木の靴箱があり、星のや東京の中では靴を脱いで過ごします。外出するときは名前を言わなくても靴が用意されていました。

なんでわかるのか不思議でしたが、わざわざやり取りする必要がなく、気軽に出かけることができました。

高層ビルなので、お部屋へはエレベーターを使って移動します。廊下以外にエレベーターの中も畳になっていました。

素足でも過ごしやすくて快適です。

玄関から直接お部屋へ案内してらもいました。

チェックインはフロントではなくお部屋の中でした。

星のや東京「百合」

星のや東京の客室の種類は全部で3種類。

  • 百合

今回宿泊したお部屋は「百合」

ダブルベッドのお部屋で、日本らしさを感じながら過ごすことができるコンパクトな造りです。

お部屋のカードキーは少し厚みのある木の板。お部屋の中へ入るのもエレベーターに乗るのにも使います。

お部屋の入り口にはスイッチがあり、オートロックを切り替えることができました。

さっそくお部屋の中へ!

大都会にある「日本旅館」
コンパクな造りですが、天井が高く、お部屋の中の家具が低いのでとても広く感じました。畳に障子があって、ヒノキの工芸の家具がとても素敵でした。

障子を開けるまですっかり都会のど真ん中にいることを忘れていました。星のや東京の反対側のビルでは普通にオフィスビル。夜遅くまで働いている姿が見えるのが都会っぽいなと思いました。

外壁をよく見てみるとここにも工夫がありました。

旅館と言えば布団のイメージですが、星のや東京はベッドタイプ。通常のホテルよりもベッドが低くなっているので、立ったり座ったりするのがとても楽でした。

バスルームは全面ガラス張り。

スイッチを押すとちゃんと曇ります。

シャワールームとハズタブが分かれていて、真ん中に洗面台がありました。

大浴場があるのにお部屋にあるバスタブも広くて深くて快適です。

バストイレは別。

お部屋に入って一番びっくりしたのがテレビです。大きさとか位置とかではなく、テレビ自体がお部屋にあることにびっくりしました。

他にも星のやを利用したことがありますが、テレビがお部屋に置いてあるのは星のや東京が初めてでした。

星のや東京お茶の間ラウンジ

各階にある「お茶の間ラウンジ」
通常のホテルだとラウンジって1つ、あっても2つだと思いますが、星のや東京には各階にあります。

星のやといえば寝転べるこのソファー「ゴロゴロソファ」
お部屋にはありませんが、自由に使えるお茶の間ラウンジにありました。

他にもコンセントが使えるデスクがあったり、自分のお部屋の一部のように使うことができてとても便利でした。各階にあるので混雑することもなく、私が利用した時はほぼ貸し切り状態でした。

お茶の間ラウンジには場所だけでなく、コーヒーやお茶、ジュースなどの飲み物が24時間置いてあり無料でした。

お菓子屋おつまみもあるので、小腹が空いたらお茶の間ラウンジへ。

冷蔵庫の中にはジュースや炭酸飲料、冷凍庫の中にはアイスクリームが入っていました。

いつからなくなってしまったのか、宿泊前に調べた時はビールも置いてあったり、夜食にぴったりなラーメンなどもあったそうです。これは新型コロナウィルスの影響なのかな?

星のや東京フロント・売店

星のや東京の2階にあるフロント・売店。

チェックインはお部屋の中で手続きしたので、ここではタクシーの手配やチェックアウトの手続きの時に利用しました。

フロントには売店があり、お部屋に置いてあるものや星野リゾートのオリジナルグッズ、お部屋に置いてあるアイテム、日本の伝統工芸品を販売しています。

星のや東京喫煙所

星のや東京は全室禁煙。喫煙所が2階のフロントがある場所にあります。

星のや東京ラウンジ

フロントと売店の奥にあるのが宿泊者全員が共同で使えるラウンジ。

お茶の間ラウンジとは違うサービスがここで受けることができます。ラウンジの奥には舞台があり、時間帯によって催し物があります。

ラウンジではコーヒーや紅茶なとが無料な他、時間帯によってお酒やおやつが無料で振る舞われていました。

  • 初めの一眼

到着してまず頂けるお菓子と飲み物。

洋梨ジャスミンティーがフルーティーでとても美味しかった。

  • お酒のゆうべ

日本酒が振る舞われて、飲み比べができました。

日によってお酒の種類やおつまみが変わるので、毎日行っても飽きません。

  • お休み前のおくつろぎ

寝る前にハーブティーとフィナンシェ。

おめざめ後のひととき

星のや東京ダイニング

星のや東京のダイニングはディナーのみで利用することができます。人気すぎて、当日予約するのはまず不可能です。

どうしても利用したい時は、公式サイトからディナー付きのプランを予約するのがおすすめです。

星のや東京天然温泉

東京のど真ん中にある天然温泉。星のや東京の大浴場は最上階の17階。


大浴場にはタオルも化粧水もクシも用意されていたので、下着類だけ持って利用できました。

置いてある化粧水関係のメーカーはLIRIO

お風呂上がりには冷たい牛乳のサービスがありました。お風呂上がりに旅館といえばやっぱり牛乳です。

星のや東京設備・備品

星のや東京のお部屋の中にある設備や備品類を紹介します。

職人の技が光る「ヒノキ工芸」のクローゼット。

中にはハンガーやパジャマなどが入っています。

置いてあってびっくりしたテレビにBluetoothのスピーカー。

星のやには必ずBluetoothのスピーカーが置いてあるので、お部屋や気分にあった音楽をスマホに入れて持っていくようにしています。

持ち運びできて光る鏡。

お部屋にぴったりな急須。

食器類もいろんなサイズのグラスやコーヒーカップが用意されています。

星のや東京アメニティー

星のや東京のアメニティーを紹介します。

化粧水関係のメーカーはLIRIO
使い切りタイプで、使う順番順に番号がついていました。

お部屋にある有料のお酒関係。

ペットボトルのお水は無料。毎日補充してくれました。

お部屋にもコーヒーやお茶は置いてありますが、お茶の間ラウンジやラウンジが充実しているからか少なめな印象です。お部屋に素敵な急須があるので、日本茶があったら良いなと思いました。

斉藤上太郎氏デザインの素敵な着物。親指と他の指が分かれている靴下の履き心地がとても良かったです。

実際に着てみるとこんな感じです。外を歩いても良いことになっていますが、私は恥ずかしくて行けませんでした。星のや東京の中ではほとんどの人が着物を着て過ごしていました。

着心地の良いパジャマ。

ちょっとお出かけするときに便利な巾着は持ち帰りすることができます。星のや東京に滞在している間、スマホにお部屋のキーを入れて移動するのにちょうどよい大きさでした。

星のや東京の食事!朝食やディナーは?

星のや東京での食事を紹介します。星のや東京の中ではお部屋での食事が基本。

星のや東京の無料朝食

星のや東京では朝ごはんのおにぎりが無料で食べられます。

無料なのにお部屋まで運んできてもらえます。

パリパリの海苔のおにぎりに温かいお味噌汁がとても美味しかったです。

星のや東京のお部屋での朝食

朝からがっつり食べたい方におすすめのが、お部屋の中での朝食です。

星のや東京ではダイニングでの朝食のサービスはありません。お部屋で食べるときはお料理と一緒に大きなテーブルが運ばれてきました。

朝食は2種類。

  • 和朝食

小鉢がたくさんあって、いろんな種類のお料理が楽しめる日本旅館ならではの朝食です。

ご飯がふっくらしていてとても美味しかったです。小鉢にちょっとずつおかずがあるので、たくさんあった白いご飯を一人で全部食べてしまいました。

  • 洋朝食

洋朝食は4種類のパンにあさりのデミグラスソースのオムレツ、サラダにデザートがついた朝ごはん。

星のや東京のインルームダイニング

朝食以外にもランチやディナーをお部屋で頂くことができます。

豪華なものからちょっとしたものまで、メニューがたくさんありました。

  • 鉄鍋焼きうどん
  • 鉄鍋煮込みハンバーグ
  • 牛しぐれ煮丼

星のや東京ダイニング

星のや東京のダイニングはディナーの時しか利用することができません。半個室、個室タイプのお部屋で、料理長浜田 統之氏のフランス料理と日本料理が融合したコース料理が人気のレストランです。

宿泊者限定なのでとても人気があり、当日だとなかなか予約できません。ダイニングでのディナー付きプランか事前の予約がオススメです。私が利用した日もすでに満席でした。

星のや東京のアクティビティー・催し物

星のや東京では有料・無料のアクティビティー・催し物が開催されています。予約できるものは宿泊予約後に事前予約がオススメです。

星のや東京の中で日本の文化に触れることができました。大人になるとなかなか機会がないとできないことばかりで、楽しめました。

和紙あそび

フロント横にあるスペースで開催されていた「和紙あそび」

江戸時代に流行った「紋切りあそび」や江戸の型紙を使って「小津和紙」に型を合わせてブックカバーやしおりを作ることができました。

SAKEラウンジ

2階のラウンジで日本酒が飲める時間があります。日によって日本酒の種類も違うので、飲み比べができました。

星のや東京の周辺施設

星のや東京周辺には歩いて行ける距離にレストランがたくさんあります。ちょっと外食したいなと思ったら、星のや東京の人に相談すると周辺のマップをもらうことができるので、迷ったら聞いてみてください。

星のや東京の地下1階の入り口から直接大手町フィナンシャルシティへアクセスすることができて、レストランにコンビニやカフェがありとても便利でした。

オフィス外にあるので、平日のランチタイムはサラリーマンで混雑しています。その時間を避けて行くのが良いかと思います。

銀座 篝(かがり)

星のや東京のスタッフオススメの大手町フィナンシャルシティにある鶏白湯ラーメン屋さん「銀座 篝(かがり)」に行ってみました。

ミシュランガイド2016年、2017年度版でビブグルマンに選ばれた有名なラーメン屋さんです。聞いたことない「ビブグルマン」とは、星は付かないけど美味しいお料理が食べられるお店のことだそうです。

お店で一番人気の看板商品「鶏白湯Soba」を注文しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です