無印良品銀座のホテルに宿泊!汚いって本当!?評判は?MUJIホテル「MUJI HOTEL GINZA」

Satono
こんにちはSatonoです。今回は「MUJI HOTEL GINZA」の紹介です!

2019年4月4日にオープンした無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました。

無印良品は日本の企業ですが、すでに中国の深圳と北京に先にホテルをオープンさせています。銀座は無印良品3店舗目のホテルです。

営業を開始してからいろんな方が宿泊して、YouTubeやブログでお部屋の様子やアメニティーなどを紹介しています。その内容を見てみると、あまり良くない評価がチラホラ・・・・・。

「MUJI HOTEL GINZA」が営業を開始してから5ヶ月が経つので、従業員の方がそろそろ仕事にも慣れてきた頃だと思います。今の様子はどうなのか?改善された?評価は?アメニティーや朝食、お部屋を徹底レポートします。

東京銀座のホテル「MUJI HOTEL GINZA(MUJIホテル銀座)」

日本の中心に宿泊!アクセス方法

「MUJI HOTEL GINZA」があるのは、銀座3丁目。ホテルと同時に世界旗艦店となる「無印良品 銀座」がオープンしています。
1階〜6階にショッピングフロアやレストラン、ホテルのフロントは6階にあり、7階から10階が客室です。

ホテルからすぐにショッピングや観光に出かけることができる、立地のとても良いホテルです。銀座の中心に宿泊できるなんてびっくりです。

MUJI HOTEL GINZAの入り口は?

こちらが無印良品銀座の入り口です。どこにも「MUJI HOTEL GINZA」の文字がありません。こちら側からも行くことができますが、反対側にホテル専用の入り口がありました。

こちら側にはしっかりと「MUJI HOTEL GINZA」の文字が。フロントまで直通のエレベーターがあり、ホテルに宿泊する人しか利用しないと思うので、とても空いています。

ホテル専用の入り口の隣には駐車場がありました。

エレベーターで6階にあるフロントに向かいます。無印良品らしい落ち着いたシンプルなデザインです。無印良品は海外でも人気が高く、観光客や日本人でショッピングフロアは混雑していますが、こちらは空いていました。

チェックインする前やチェックアウト後でもこちらで荷物を預かってもらうことができました。

MUJIホテル銀座にチェックイン

早速チェックインを済ませ、エレベーターで客室に向かいます。

チェックイン&チェックアウト
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

この時担当してくれたスタッフは日本人でした。ぎこちない所がまだ少しだけ残っている感じでしたが、一つ一つ丁寧に対応してくれました。後ろにベテランの外国人のスタッフの方がいて、特に問題になるような所はありませんでした。

とても素敵な笑顔で出迎えてもらえました。

MUJIホテルのお部屋のタイプ

お部屋は「TYPE A」から「TYPE I」まで9種類あり、今回私が予約したお部屋は一番スタンダードな、「TYPE C」のお部屋です。
「MUJI HOTEL GINZ」ではお部屋の料金が土日や季節によって変動しません。ゴールデンウィークに宿泊してもど平日に宿泊しても料金が同じです。

一番安いお部屋「TYPE A」が14㎡ で1泊14,900円からです。
一番広くて高いお部屋「TYPE I」が52㎡ で1泊55,900円からです。

私が宿泊した「TYPE C」は24㎡〜25㎡で1泊29,900円でした。朝食は別料金です。

朝食
7:00~10:00(9:30LO)
大人 1800円
6~12歳 900円
5歳以下 無料

お部屋代 29,900円(サービス料込・消費税込)
朝食代  ご朝食×2人=3,600円

1室を2人で利用して、合計33,500円でした。

「TYPE C」はMUJIホテルのホテルタイプの中で、数がいちばん多く、一番予約が取りやすいお部屋です。

MUJIホテル銀座のお部屋は?

今回私が宿泊した「TYPE C」のお部屋を紹介します。部屋の形はとても細長いです。

お部屋に入ると自動でカーテンが開きました。

ホテルって雰囲気よりも一人暮らしのお部屋って感じです。無印良品らしい木のぬくもりのあるシンプルなお部屋でした。

ベット側から見るとこんな感じです。

Risa
狭い?広い?どんな感じ?
Satono
私は広く感じたよ!

普通のホテルよりも天井がとても高いからなのか、予想より広く感じました。

お部屋に入ってすぐの場所に大きな鏡とスーツケースを置いておくにはちょうど良いスペースがありました。

そしてクローゼットがあり、洗面所です。お部屋に入ってすぐの場所に洗面所があるお部屋が最近増えています。

そのお隣がトイレとシャワールームがありました。お部屋のタイプによってはバスタブがあるお部屋もありますが、「TYPE C」はシャワーのみです。

トイレの横にも手を洗うスペースがあり、お部屋にもまた広い洗面所がありとても使い勝手が良かったです。

充電もできるしライトもあるので、パソコン作業などをするのに便利なテーブルと椅子がありました。

このソファーが座り心地も横になるのにも最高で、ここが私の一番のお気に入りスペースです。

その奥に広いベットがあります。ベットの両隣にはコンセントとUSBポートがあり、枕元にスマホを充電しながら置いておくことができました。

お部屋の中には無印良品のグッツがたくさん置いてあります。ホテルに滞在しながら使い心地を試すことができ、気に入ったら下の階がショップなのですぐに購入することができます。

お部屋ではこのタブレットで照明やエアコンなど操作することができました。

この丸い筒は空気清浄機でした。個人的にはちょっと音が気になりました。眠る時やゆっくりくつろぎたい時にはとても微妙です。

アロマはチェックインした時に2種類の香りから選ぶことができました。

こちらの館内着も無印良品です。

持ち帰りOK!?MUJIホテルのアメニティー

お部屋には歯ブラシから館内着など無印良品の製品がたくさん置いてあります。

チェックインした時に持ち帰りができるアメニティー一覧を貰いました。

持ち帰りができるものを並べてみたので、紹介します。

まずはチェックインした時に人数分もらえる黒いお守りのような袋。中には笛ともしもの時に役立つMAPが入っていました。日本語以外に英語や中国語で書かれていて、何かあった時に指差しで使うことができます。

アロマオイルも受付でもらうことができました。香りはグレープフルーツかラベンダーから選ぶことができ、お部屋にあるアロマディフューザーに入れて使うことができました。

歯ブラシやヘアブラシなどいろいろありますが、私が一番びっくりしたのは、スリッパです。かなりしっかりしているので、持ち帰って自室で使いたいなと思いました。

無印良品銀座にあるレストランやカフェは?

無印良品にはホテルやショッピングができる場所以外にレストランやカフェがあります。

レストランWA(6階)
昼食 11:30-15:30 (LO 15:00)
夕食 17:30-22:30 (LO 21:30)
ATELIER MUJI GINZA Salon (6階)
営業時間 10:00-26:00(LO 25:00)
MUJI Diner(地下1階)
営業時間:7:30~22:00

ランチやディナーにオススメなのが地下1階にある「MUJI Diner」

今回私はディナータイムに利用しました。お酒の種類も多く、単品料理が多いので居酒屋のように利用するのも良いですが、安く済ませたい方にオススメなのが定食です。

「りゅうきゅう丼定食・・・¥1,000円」

少食の方にはちょうど良い量だと思いますが、少なめなので一緒に注文したいのがサラダバー(¥700)

サラダバーは一人一つずつ注文して、お代わり自由なイメージですが、MUJI DinerのサラダバーはシェアしてOK!お皿に一回だけ盛り付けることができます。

家族で利用している方は2つ注文して、一皿目にサラダ、二皿目に果物を持ってきていました。

1つ注文して2人シェアすれば一人¥350円です。

店員さんのオススメは「自家製おぼろ豆腐」

お店の中にある工房で大豆から作っているそうです。
シンプルでとても美味しかったです。

MUJIホテル銀座ブッフェ形式の朝食

朝食はフロントの横にあるレストラン「WA」が朝食会場でした。

フロントのスペースにも朝食が並べられていました。

朝食
時間:7:00~10:00(9:30LO)
<料金>
大人 1800円
6~12歳 900円
5歳以下 無料

和食がメインですが、食パンやクロワッサンなどの洋食メニューもあり、銀座のこの立地でこの値段ならとてもお得だと思いました。朝から健康的にいろいろ食べたい方にオススメです。

全室禁煙!喫煙スペースは?

MUJIホテルは全室禁煙です。喫煙スペースはロビーと同じ6階にありました。客室に行くために利用するエレベーターの横です。

喫煙スペースには無印良品のお水やコーヒー、おつまみやバスソルトなどの自動販売機が置いてありました。無印良品が営業を終了してから、小腹が空いたり、喉が渇いたりした時に便利です。

MUJIホテルの予約方法は?

予約は「MUJI HOTEL GINZA」のウェブサイトからのみ予約可能です。

無印良品を体験できるMUJI HOTEL GINZA

無印良品好きには堪らない「MUJI HOTEL GINZA(MUJIホテル銀座)」
ホテルに滞在して気に入ったらすぐに購入することができるので、無印良品としても商品を紹介するのに最高の場所だと思います。

銀座の中心にあるので、ショッピングにも観光にも最高な立地です。かなり強気な価格ですが、いつ宿泊しても値段が変わらないのは、カレンダー通りにしか休むことができない私にはお得に感じます。

事前に色々調べた時に気になったお部屋の汚れや、スタッフの方の勉強不足などの問題は解消されていると思います。汚れているところは見つけられなかったし、嫌な思いをすることはなかったし、丁寧な接客に快適なホテル滞在でした。
また宿泊したいなと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です