コスパ最高!ビジネスホテルの料金で星野ブランドに宿泊!星野リゾート新ブランドOMO5東京大塚に宿泊 in 東京大塚

こんにちはSatonoです。
星野リゾートに宿泊するにはお金がかかるからなかなか泊まれないと思っていませんか?
星のやバリに宿泊して星野リゾートの魅力にどハマりするまで、どこも高級なホテルだと思っていました。次はどこに泊まろうかなと検索しているとビジネスホテルと同じくらいの料金で宿泊できる「OMO」シリーズのホテルがあるのを見つけました。
2018年にオープンした「OMO」シリーズはビジネスホテルと同じくらいの料金で、星のリゾートに宿泊できるかなりコスパの良いホテルです。まだ東京大塚と北海道の旭川しかありません。
今回はOM5東京大塚に宿泊してきたのでお部屋の雰囲気や朝食、周辺をレポートします。

OMO5東京大塚

OMOブランドとは?

星野リゾートが新しく手がける「OMOブランド」とは?

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル
旅先をまるごと楽しむディープなご近所の魅力と、お茶目な仕掛け満載のホテルステイが、旅のテンションを盛り上げます

星野リゾートのWebサイトより

山手線大塚駅北口からすぐ!OMO5東京大塚への行き方

山手線の大塚駅から歩いて3分。大塚駅からすぐの場所にあるので、立地も最高です。

北口を出たらすぐホテルが見えます。OMO5と書いてある建物で、遠くから見ると普通のホテルに見えます。

大塚駅の隣は池袋駅なので、ごちゃごちゃしていて人も多いのかな・・・・と思っていたのですが、予想よりかなり静かな場所でした。OMO5東京大塚のホテルの後ろには路面電車が走っていました。

さっそくチェックインしてみよう

OMO5東京大塚は「ba01」というビルの中にあり、1Fの入り口から中に入り、エレベーターで3Fまで上がるとレセプションがあります。

1Fには「eight days cafe」
2Fには「シズラー大塚店」

エレベーターで3Fまで上がるとまず目に飛び込んできたのは、バスや電車のつり革とホテル周辺の地図!

吊り革の下にはソファーがあり、降りるときに押すボタンまで柱に取り付けられてました。窓も大きいので、大塚駅周辺が良く見えます。

ちなみにボタンを押してみましたが何も起こりませんでした!笑

大塚駅周辺のマップには観光名所や居酒屋やレストラン、カフェなどの情報が満載です。

チェックイン、チェックアウトは自動で!

中へ進むと広くて開放的なロビーがありますが、こちらはCafeでもあるので、宿泊客以外の方も利用することができます。

チェックインは機械で行い自動でチェックインします。予約した時にもらったQRコードをかざすと予約情報が画面に表示されるので、内容を確認するとお部屋の番号に朝食付きプランにした方は朝食券、カードキーが自動で機械から出てきました。これでチェックイン終了です。
チェックアウトも同様この機械で行います。ルームキーなどの返却も自動です。

※チェックインの最終受付は24:00なので、連絡をしないとキャンセルになってしまうそうです。

チェックイン後エレベーターでお部屋に向かいますが、エレベーターを利用するにはルームキーが必要です。宿泊者以外はエレベーターを利用できないようにしているので、セキュリティも心配ありません。エレベーター前には無料で利用できるヘアブラシ、こどもの歯ブラシ、カミソリが置いてありました。お隣にはルームウェア置いてあり、1つ¥200円(上下セット)でレンタルすることができました。

サイズはSSからLサイズまであり、利用したい方は隣にある木箱に硬化(¥200円)を入れて使用することができます。
田舎でたまに見かける無人の野菜売りのようです。

実際に着用してみるとかなり動きやすくて、私はSサイズを利用しましたが、大きめに作られていると思います。利用料金も安いので、ぜひぜひレンタルして滞在の気分を盛り上げましょう!

お部屋の中は?雰囲気は?

13階までありますが、今回はレセプションのすぐ上の5階のお部屋でした。

お部屋の種類は2種類のみ

特徴的なやぐらのあるお部屋「YAGURA Room」

特徴的な櫓(やぐら)のあるお部屋です。櫓の上がベッドになっていて、下の段がゆっくりくつろぐことができるソファーになっています。3人で利用する場合はこちらをベットとして利用することができるそうです。

YAGURA Room
  • 定員1人から3人
  • 室内は土足厳禁
  • ベッド(120cm×200cm×2台)
  • くつろぎソファ

今回はこちらのYAGURA Roomを利用しました。

入り口に入るとまず目に入るのが、壁を利用した収納スペースです。今回私のお部屋の壁は青色でした。落ち着いた灰色がかった青です。歯ブラシやタオルなどの備品はこちらに置いてありました。

そしてもう一つ気になったのは入り口入ってすぐの場所に洗面台が置いてありました。後ろ側がお風呂になっています。スペースを無駄なく使用していて、洗面所から奥は畳を使っているので、靴を脱いでくつろぐことができました。

櫓は157㎝の私の頭がちょうどぶつかるぐらいの高さです。ソファーの前にテレビが置いてあるので、ごろごろしながら見るのにもちょうど良いです。

安いホテルではだいたいお風呂とトイレが一緒のタイプが多いのですが、こちらは別々でした。お部屋に入ってトイレがあり、その隣がバスルームです。バスタブも広いし、木製の桶や椅子におしゃれなタイルでとてもスタイリッシュです。このタイプだと着替えするスペースが洗面台の前でくつろぎソファーから丸見えです。洗面台の場所にロールカーテンがあり、くつろぎソファー側から見えなくなるところもお友達と宿泊したりする時にとても便利だなと思いました。

櫓へは階段を使って登ります。ベットはロフトのような感じで、枕元で充電もできるし、読書をしたりする時に使えるライトも付いていました。スマホを充電しながら枕元に置いておくことができます。

階段の下の部分には冷蔵庫やセーフティーボック、電気ケトルやコップ類が置いてあり、大きいカバンを置くスペースに洋服をかけられるハンガーなども置いてあります。3人で利用した時にくつろぎソファーをベットにするアイテムもこちらに置いてありました。3名で宿泊予約した方は追加料金がかかりませんが、2名で予約した方はフロントに電話が必要で追加料金がかかります。

 

車椅子でも利用できるユニバーサルデザインの「Single Room」

Single Room(ユニバーサル仕様)
  • 定員1人
  • 車椅子でも利用可
  • ベッド(100cm×210cm×1台)
  • ユニバーサルデザイン

備品やアメニティ、コインランドリーの紹介

利用できる備品やアメニティ、洗濯機に乾燥機などもホテル内にありとても便利です。ドリンクなどの自動販売機の他に化粧水やお部屋の中で飲むのにも良い、コーヒーやお茶の自動販売機も置いてありました。

備品やアメニティ

お部屋に備え付けのもの

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電気ケトル
  • 洗浄機付トイレ
  • 加湿空気清浄機
  • ドライヤー
  • セーフティーボックス
  • 歯ブラシ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ハンドソープ
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ

お部屋にはないけどレンタルできるもの

  • カミソリ
  • 子供用の歯ブラシ
  • ルームウェア(有料)
  • 爪切り
  • 消臭スプレー
  • 携帯充電器
  • ワインオープナー

タオルやドライヤーなどは壁に飾ってあります。

5F共有スペースにある自動販売機やコインランドリー

5Fには共有で利用できる電子レンジや洗濯機や乾燥機などが置いてあります。洗濯機や乾燥機、自動販売機は有料ですが、電子レンジ、アイロン、製氷機は無料で利用できます。製氷機の隣にはコップが置いてあるので、何も持っていかなくても利用できとても便利です。

自動販売機にはドリンク以外にスキンケアやUVクリーム、ドリップコーヒー、お茶のティーバックなどが購入できます。

お土産購入に最適!売店

レセプションとカフェがある4Fにはお土産におすすめの商品がたくさん並んでいます。お煎餅や扇子など日本ぽいものからガチャガチャのマスキングテープなど、日本人でも欲しくなるおしゃれなアイテムがたくさん置いてありました。

カフェスペースや朝食会場

チェックインした場所には宿泊者以外に利用できるカフェがあり、朝食付きプランの方はこちらで朝食会場です。

朝食のメニューは?

朝食は2種類から選ぶことができます。ドリンクはドリンクメニューから選びます。

OMOrningヴォロヴァンセット
4種類のからメインを選び、ヨーグルトとドリンクが付いてくるセット。

OMOrningパンセット
ベーコン、ソーセージ、卵料理、パンなどアメリカンブレックファーストです。ドリンクとヨーグルトのセットです。

食器の返却やお水などは全てセルフサービスです。朝食を受け取ったら、ナイフやフォークなど必要なものは自分で取りに行きます。ヴォロヴァンセットは私にはちょうど良い量ですが、男性の方には少し物足りないかもしれません。今回2つのメニューをどちらも注文しましたが、どちらもとても美味しかったです。

OMO Cafe

ホテルに宿泊していない方も利用できるカフェが4Fのレセプションの場所にあります。朝食会場と同じ場所です。

喫煙スペース

ホテルは全室禁煙のため、OMOカフェスペースの都電荒川線側に喫煙スペースがありました。路面電車を見ながら喫煙できます。

ご近所ガイド「OMOレンジャー」

初めて訪れる場所ではどこに何があるかわらかず、迷って疲れてお部屋に戻ってしまったなんてことありませんか?そんな時に利用したいのがご近所ガイド「OMOレンジャー」です。
無料のものから1,000円で利用でき、5人のレンジャーが大塚の街やグルメ、お店を紹介してくれるツアーがあります。今回は予定があり利用できませんでしたが、かなり気になり、次回宿泊した時は必ず参加しようと思いました。大塚は今まで大塚駅を降りたことがないばかりか、何があるのか全然知らない街でした。5種類から自分に合ったツアーに参加することで、今まで知らなかった大塚を知ることができてとても面白そうだなと思いました。

星のリゾート ヴィラで非日常な空間「星のやバリ」in ウブド

2019年1月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です