The Okura Tokyo 宿泊記!お部屋から朝食やクラブラウンジを紹介 in 東京

2019年9月12日に新くリニューアルオープンした「The Okura Tokyo (オークラ東京)」に宿泊しました。

53年間の歴史に幕を閉じ、新く生まれ変わった「The Okura Tokyo (オークラ東京)」は、17階建ての「オークラ ヘリテージウイング」と41階建ての「オークラ プレステージタワー」の2棟の建物に分かれています。

今回は41階建ての「オークラ プレステージタワー」を利用しました。豪華な造りで、日本の伝統や文化を感じることができる素晴らしいホテルだと思いましたが、私が宿泊した率直な感想は「お金持ちのビジネスホテル」

「The Okura Tokyo」を紹介します。

「The Okura Tokyo (オークラ東京)」

「The Okura Tokyo (オークラ東京)」の場所は?

周辺にはアメリカ大使館や国会議事堂などがあり、皇居や東京駅も近いのでビジネスでの利用が多い印象です。

「The Okura Tokyo (オークラ東京)」基本情報

土・日・祝日は、東京メトロ「神谷町駅・虎ノ門駅」まで無料のシャトルバスが運行されています。

基本情報

住所:東京都港区虎ノ門2丁目10−4

電話:03-3582-0111

東京メトロ日比谷線:神谷町駅 徒歩6分
東京メトロ南北線:六本木一丁目駅 徒歩7分
東京メトロ銀座線:虎ノ門駅 徒歩10分
東京メトロ銀座線 南北線:溜池山王駅 徒歩10分

タクシー利用者が多いのか、荷物を持って歩いて来たのは私だけかもしれません(笑)
最寄りの駅から歩いて行けない距離ではありませんが、荷物が多いと坂がきついかもしれません。



ホテル外観は?

2019年9月にオープンしたばかりの「The Okura Tokyo (オークラ東京)」

17階建ての「オークラ ヘリテージウイング」(左)と41階建ての「オークラ プレステージタワー」(右)の2棟の建物が並んでいました。

「オークラ ヘリテージウイング」の方が宿泊料金が高く設定されています。

ホテルの反対側には、美術館「大倉集古館」があり、宿泊客は無料で入場することができます。

The Okura Tokyoのフロアーガイド

The Okura Tokyoには客室以外にレストランやオフィスフロアがあり、宿泊者以外にも利用者がたくさんいます。

ホテルエントランスやロビー

今回私が宿泊したのは、41階建ての「オークラ プレステージタワー」

こちらが「オークラ プレステージタワー」のフロントです。

ロビーにはコンシェルジュデスクもあり、ロビーは2階建で吹き抜けになっていて、中央にある階段を登ると椅子やテーブルが並んでいる休憩スペースがありました。

宿泊者以外の利用者も多いので、ロビーは時間帯によってはとても混雑しています。

旧本館ロビーを再現した「オークラ プレステージタワー」のロビーには、ホテルの象徴でもある「オークラランタン」が再配置されています。どこか懐かしいような雰囲気がとても素敵でした。



クラブラウンジでのチェックイン&チェックアウト

クラブルーム以上に宿泊する方は、37階にあるクラブラウンジでのチェックイン&チェックアウトが可能です。

1階にあるチェックインカウンターで名前を伝えると、37階のクラブラウンジまで案内してもらうことができました。
もちろん荷物も一緒に運んでもらえます。

ロビーはすごい人ですが、クラブラウンジは利用できる人が限られているからかほとんど人がいませんでした。

クラブラウンジではチェックインやチェックアウト以外に、1日4回ビュッフェ形式で食事や飲み物を提供しています。

ソファー席へ案内され、チェックインの手続きを進めます。

ウェルカムドリンクで、オレンジジュースを頂きました。

ストローはプラスチック製ではなく、紙でできていました。

クラブルーム(ビューバス) ツイン のお部屋

今回宿泊した「クラブルーム」のお部屋を紹介します。

エレベーターの中には素敵な模様が。エレベーター毎にデザインが違うので、乗るのが楽しみでした。

今回のお部屋は39階!

エレベーターホールも廊下もとにかく天井が高い!

廊下には日本の伝統工芸品が展示されていました。

今回のお部屋は「3927」

入り口には新聞受けがあり、チェックイン時に希望を聞かれました。

クラブルーム(ビューバス) ツイン のお部屋です。お部屋の中も天井が高く、壁一面がガラス張りなのでかなり開放的です。

広いふかふかのベットが2台。



荷物を置くのにちょうど良い高さの台と、食事をしたり、パソコン作業などするのにちょうどいいテーブルと椅子。

窓側にも小さなテーブルと椅子があり、こちらにはウエルカムフルーツが準備されていました。

フルーツが4種類。お手紙付きでした。

お部屋の中で一番お気に入りの場所は、大都会が一望できるガラス張りのすぐ横にあるソファー。

私のお部屋からは富士山が見えました。

テレビの裏側がウォークインクロゼット、左側にバスルームがあり、右側が出入り口です。

窓側のベット横には、タブレットが置いてあり、照明やカーテンの開け閉め、空調の調整ができました。ベット脇にはUSBとコンセントがあるので、充電しながらスマホをベット脇に置いておけて便利です。

トイレはお部屋入ってすぐの場所にあり、独立しています。

トイレの中には立派な洗面台がありました。

トイレの反対側には大きなクローゼット。

トイレのお隣は洗面所。

そして奥には壁一面がガラス張りのバスルームがあります。

バスタブも大きいし、テレビが設置されていました。

バスルームからは、大都会の夜景が一望できます。

足も余裕で伸ばせて、景色も良いし、テレビも観れて最高です。



ターンダウンサービス

夜ご飯を食べてお部屋へ戻ってくるとベットカバーや丸いクッションが外され、眠れる準備が整っていました。

ベット横にはペットボトルのお水と、ブラックと抹茶のチョコレートに下にはマットが敷かれていました。

パジャマの横にはお部屋で朝食を食べたい方向けに、予約表が置いてありました。

アメニティーは「Miller Harris」と「THREE」

The Okura Tokyo (オークラ東京)「オークラ プレステージタワー」のアメニティーを紹介します。

洗面所に小さいサイズのペットボトルが2本。ふかふかのタオルは、洗面台に隠れていました。

引き出しを開けると歯ブラシやカミソリなどが箱に箱に入ってセットされていました。

一つ一つが質が良いので、一度使うだけではもったいない。

シャンプーやリンスなどのアメニティ「Miller Harris (ミラーハリス)」はイギリス生まれのフレグランスブランドです。フレグランスブランドだけあり、フローラルな香りがとても良かったです。

基礎化粧品は日本の化粧品ブランド「THREE」
メイク落としや洗顔料だけでなく、化粧水や乳液、クリームまで揃っていました。利用後は肌の調子がとても良くなったので、購入してみようと思いホームページを確認しましたが、庶民には手が出せないお値段でした。

スリッパは色違い。

フリードリンクやThe Okura Tokyoオリジナルドリンク

こちらの棚には何が入っているかなと開けてみると・・・

コーヒーマシーンや冷蔵庫、飲み物が入っていました。

無料で利用できるお茶、紅茶、コーヒーはネスプレッソのカプセルです。

冷蔵庫の中に入ってあるものは有料です。

オススメは便に入ったThe Okura Tokyoオリジナルのジュース。

濃厚でとても美味しかったです。



37階クラブラウンジ!飲み食べ放題

37階にあるクラブラウンジでは、飲み物や軽食が無料で提供されます。ソフトドリンクやコーヒー以外にアルコールも飲み放題です。

時間帯によってメニューが違い、ビュッフェ形式での提供です。ビュッフェ形式なのに、飲み物がなくなりそうになると、スタッフの方が持ってきてくれたりと手厚いサービスを受けることができました。

クラブラウンジへ入ってまっすぐ進むとお料理がたくさん並んでいました。

クラブラウンジがあるのは、37階なので眺めが最高でした。

夜はお洒落なバーのような雰囲気です。

クラブフロア以上の宿泊者しか利用できないので、ほとんど利用者はいません。利用者よりスタッフの人数が多く、時間帯によっては貸切でした。

ナイトオードブルの時間帯が一番種類が豊富で、豪華なラインナップでした。

The Okura Tokyoのパンはどれを食べてもおいしい。

チーズ。

はちみつはそのまま。

サラダやオリーブオイル。

コーヒーや紅茶の種類は豊富。

ワインからビールまで飲み放題です。

小さなお鍋に入っていたのは、シチューとトマトベースのラビオリ。一つ一つが量が少ないので、いろんな種類を食べるとができました。

ナイトキャップの時間帯は、食事が窓側に並んでいました。ナイトオードブルの時間帯に比べると種類は減り、小腹が空いた時にちょうど良いラインナップです。

4種類あるカラフルな豆が美味しかった。

チョコレートはピエールマルコリーニです。



プールや大浴場、スパやジム

27階には宿泊者が無料で利用できるプールや大浴場、ジムがありました。スパは有料で予約が必要です。

25m、5レーンの温水プールに、隣にはジャグジーがあり、利用者が少なくほとんど貸し切りです。25mプールを利用する時は、帽子が必要ですが、無料で借りることができました。

プール横にはふかふかのソファーがありました。

タオルやペットボトルのお水は無料で置いてあるので、都会の景色を眺めながらゆっくり過ごすことができました。

プールで運動した後は、大浴場へ行ってみました。大浴場は広くはありませんが、ドライサウナやスチームサウナがありとても快適でした。

ジムやプールを利用する時はロッカールームは広々しているし、いろんなタイプのタオルや洗顔フォームから化粧水まで揃っているので、ほとんど手ぶらで利用できると思います。

スパは要予約です。空き状況や料金を確認しに行った時に、受付の人の雰囲気が悪く私は利用しませんでした。

 

朝食会場は5箇所

朝食会場は5箇所です。

  • オーキッド
  • 山里
  • ルームサービス
  • クラブラウンジ

追加料金が発生する朝食会場

  • ヌーヴェル・エポック

私が利用したのは、ビュッフェ形式での朝食を提供している「オーキッド」
ロビーやフロントと同じ5階にある朝食会場です。宿泊者以外も利用できるレストランなので混雑していますが、かなり広い会場なので待つことはなさそうです。

入り口にはショップが併設されていて、チョコレートや焼き立てのパンなどが販売されています。

お部屋番号をスタッフの方に伝え、中に案内されると品数の多さにびっくりしました。

朝食会場「オーキッド」も豪華です。

ベーコンやソーセージなど朝食の定番から。

日本人には嬉しい日本食。

シリアルやヨーグルトも種類が豊富。

私の1番のおすすめは焼き立てのパン。

The Okura Tokyoのパンは本当においしい。種類が豊富過ぎてどれにするか悩みました。

ラーメンまでメニューにありました。個人的にはあまりおすすめしません(笑)

おいしい朝食をがっつり食べた後は、クラブラウンジへ行き、コーヒーとフルーツで食休み。

最後に・・・

宿泊してみた感想は「お金持ちのビジネスホテル」だなと思いました。サービスもおもてなしもレベルが高く、お部屋もロビーも豪華で高級ホテなのは間違いありませんが、場所が場所だけに仕事で利用している方が多い印象でした。

日本語以外に英語や中国語以外にいろんな言語が飛び交っていて、日本にいながら海外にいるような雰囲気でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です